お知らせ
  • 二又復興交流センターからのお知らせ
  • 【コロナウィルス感染予防に関するお知らせ】
  • 【ボランティア受け入れについてお知らせ】
3月後半のみちくさブログ

皆さまこんにちは!パクト子ども支援スタッフのふうたです!

 

昨今はコロナが全国各地で猛威をふるっていますが、

皆様はお変わりないでしょうか。

一日も早い事態の収束を願うばかりです。

 

ここ岩手県では、まだコロナウィルスの感染例は出ていませんが、

みちくさハウスの開所にあたっては、

こまめな手洗いや換気を徹底し、感染予防に取り組んでいます。

 

さて、3月後半のみちくさハウスでは、暖かくなってきたので、

道路に面した駐車場の一角に花壇を作りました。

花の苗を植えるのはスタッフでやってしまいましたが、子どもたちも土を耕したり、

水をあげるのを手伝ってくれました。

花壇の次は、畑もこれからやっていきたいと思います!

 

春の陽気もあいまってか、子ども達はとってもアクティブに活動していました。

家から持ってきた自転車で庭を疾走したり、定番の鬼ごっこをしたり、敷地の外に行きたがる子ども達。

いつの間にかめっちゃ木を登っていたり。

ちょこちょこ転んだり、トラブルがあったりして泣いちゃったことも。

 

 

夢中で遊ぶ子どもたちの様子を見ていると、常に自分の限界をせめてるなぁ と、思いました。

 

みちくさハウスの裏に置いてある、すでに切り倒されている竹を

ノコギリでさらに切って、おままごとの食器等にしていました。

みんな上手くてびっくり!途中で力尽きてしまった子もいましたが、

ほとんど何も言わなくても竹をサクサク切っていました!

その様子を撮った写真がなくて残念です…

 

余った竹を使って、アニメのキャラクターの真似をしてみたり。

 

3月最後のみちくさハウスは後半にビンゴ大会、卒業生・卒園生を祝う会をしました。

ビンゴ大会では、ビンゴ用のガラガラがなかったので、スタッフのゆかちゃんが

番号をランダムに選んで発表していきます。

 

「◯◯番がきたらなー」という声が、子ども達からちらほらと聞こえます。だがしかし!

教えてもらったとて、その番号が出るとは限らないよねっ

ビンゴ大会は思った以上にヒートアップして、番号を言うたびに引き込まれ、

ゆかちゃんのもとに子どもたちがじりじり集まっていきます。

 

 

ゲームが進行するにつれ、どんどんヒートアップしていき、奇声、歓声の阿鼻叫喚。

馬券でも当たったのかな…?

歓声をあげた瞬間を撮った写真がこちら。喜びが爆発した、その表情をご覧あれ。

とても良い表情!このような場面が幾度もありましたとさ。

大いに盛り上がったビンゴ大会でした。

 

そして卒業・卒園を祝う会では、

なぞのテンションでジュースをガブガブ飲んでいる子もいました。

 

  

ふるやんが卒業生に向けてお祝いの言葉を読み上げた後は、

手作りの色紙をプレゼント。みんなからのメッセージが散りばめられています。

 

最後にみんなで一枚☆

小学生から中学生になるみんな!学校に部活にで忙しくなると思うけど、またみちくさハウスに

顔を見せてくれると嬉しいな!

 

4月から新年度ということで遊びや、体験を通して、

皆様の思い出に彩りを添えられるよう、

これからの1年駆け抜けていこうと思いますので皆様どうぞよろしくお願いします!

 

活動に参加したくれた保護者の方、ボランティアの皆様

どうもありがとうございました。

2020年度も、どうぞよろしくお願いいたします。


ページトップ