お知らせ
  • 二又復興交流センターからのお知らせ
  • 【コロナウィルス感染予防に関するお知らせ】
  • 【ボランティア受け入れについてお知らせ】
迎春!1月前半のみちくさハウス

新年あけましておめでとうございます。

パクト子ども支援スタッフのふうたです。

 

今シーズンは記録的な暖冬だそうで、

みちくさハウスのお庭にも、いつもより1ヶ月ほど早く

”春の使者”・ふきのとうが顔を出しました。

例年にない暖かさで、ふきのとう達も早とちりしてしまったようです。

さて、今回は1月前半のみちくさハウスの活動を報告します!

1月8日は新年明けて初の開所となりました。
子どもたちは、親御さんの実家に帰省したり、風邪を引いたりということもあったようで、

いつもより少なめのこじんまりとした活動でした。
この日は、みんなで炬燵を囲み、どんな風にお正月を過ごしたのかを話したり、

DVD鑑賞をしたりしながら、ゆったりとした時間を過ごしました。

 

1月10日、この日はみんなで凧あげをしました。
凧はビニール袋を使ってみんなで手作り!
子ども達は凧に好きな絵や模様を描いて色とりどりの凧を作り出していました。

完成させた子から外に飛び出していきます。

が、「凧を飛ばすぞ!」ってときに限って風がやんでしまいました…。
午前中は良い風が吹いていたんだけどなぁ。風にも空気よんで欲しいですねっ
そんなものはお構いなしというように子ども達は走り、風を受けて凧は上がっていきます!
飛んでくれてスタッフは一安心です。
はじける笑顔もみれて結果は上々ですね!

凧あげのあとは鬼ごっこだったりで汗を流し、ついには半そで短パンになる子が出没しました。
風邪ひかないでねー…。
その日、自分は5対1の鬼ごっこに参加させられ、休みをくれない&ひさかたぶりの運動で、

お正月休みの間にすっかりなまっていた体力をガリガリ削られましたとさ。

 

11日はみちくさハウスの裏のみずきの木から枝を拝借して、みずき団子の飾り付けをみんなでしました。

みずきの木によじ登り、枝を切ってくれたのは、来てくれた子のお母さんでした!
身のこなしが軽やかで、とってもかっこよかったです…!
 

その後、子ども達に細かな枝をノコギリで、木の芽をハサミで切ってもらいました。
中には初めてノコギリを持った子もいましたが、とても上手につかってました!
切った木の枝に、みんなの思いを書いた短冊と団子を飾り付けて完成です!

10日、11日と季節を感じる活動を連日子ども達と楽しみました。

これからも季節ごとに思い出に残るような活動をしていきたいと思います。

と、いうわけで、早速1月18日には、新春餅つき大会を開催する予定です!

 

2020年も明るく楽しく元気に活動していきたいと思います。

皆様、これからもよろしくお願いいたします。


ページトップ