お知らせ
  • 【活動終了のお知らせ】
  • 《年末年始休業のお知らせ》
  • 寒さなんてなんのその!11/21焼き芋会
いよいよ終盤戦!3月前半のみちくさハウス

みなさんこんにちは!子ども支援担当のふうたです。

 

3月ということでだいぶ暖かくなり、みちくさハウスの裏庭では梅の花が咲き、

つくしんぼが顔を出していました。子どもたちも、より活発になった気がします。

ですが、時折風が吹く時もあり、スギ花粉が舞って黄色い風が襲い掛かることもありました。

みちくさハウスに来ている子にも花粉症の子がいて、ちり紙の山ができた、なんてこともありました。

 

  

  

3月前半は大きいイベントは特にありませんでしたが、その分ゆっくり子どもたちは

遊んだり、宿題をしていました。

ベンチを動かしてままごとをしたり、鬼ごっこで走り回ったり、ばっけ(フキノトウ)が

顔を出していたら、こどもたちは見つけたそばから収穫していました。

 

僕も鬼ごっこで追いかけたり、追いかけられたり、一輪車に乗せて歩いたり、

一輪車の手応えの変化にみんなの成長を感じました。

花粉症の子は、「もう外には出ない!」と、いって、みちくさハウスの中に

駆け込んで、動物フィギュアなどで遊んでいました。

 

2月の末に開催したバザーもみちくさハウスの一角でアイテムの展示を続けていて、

ある男の子は過去のイベントで使った備品を組み立てたり、

ある女の子は出品されていた洋服をサイズが合う子にコーディネートして、

「こんな感じのが似合うと思うよ!」とオススメしたり、着替えを手伝っていて、

まるでスタイリストのようでした!

 

  

  

 

 

3月13日は活動中ずっと雨で、屋内のみの活動になり、ドタバタしちゃうかな

と思っていましたが、好きな絵やキャラクターのプラ板を作ったり、キッチンで琥珀糖を作ったり、

バザーを見にいったりしていろんなことができて、程よく分散して和やかな雰囲気でした。

 

  

  

 

この日はみちくさハウスの元スタッフ・通称ひーたんも来てくれて、

初めましての子から久しぶりの子も一緒に遊んでくれました。

 

以上が3月前半のみちくさハウスでの出来事になります。

大きなイベントは開催しませんでしたが、その分宿題や、やりたい遊びができた

時間になりました。

 

 

みちくさハウスの活動が終了に向かうということで、今回書いているブログが

僕の最後のブログになります。なので、ここで少し自分からお話をさせてください。

 

2019年の5月から週に何度かのボランティアから始まり、

2021年の3月までで2年近くみちくさハウスに携わらせていただきました。

 

その約2年の間たくさんのことを体験させてもらいました。

畑にイベントに、何よりみんなと遊んだことは何にも代えがたい思い出です。

楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。

 

僕はしばらく岩手にとどまっている予定なので機会があれば、また遊んだりしましょう!

それではまたいつか!


ページトップ