お知らせ
  • 《ボランティア受入休止のお知らせ》
  • 毎年恒例☆ハロウィンパーティー開催!
  • 二又復興交流センターからのお知らせ
再始動!みちくさハウス

みなさんこんにちは!パクト子ども支援担当のふうたです。

5月に入ってからは暖かい日が多いですね!夏の片鱗を感じます

みちくさハウスのツツジは、今が見頃でキレイに咲いています。

赤、白、ピンクと色鮮やかで、見ていて飽きないです。

 

右の写真はナシの花です。みちくさハウスに来て初めて見ました。

真っ白だったり、ほんのりピンクがかった花も咲いてたりしてかわいいです。

ミツバチがせっせとミツを集めていますね。今年もナシが実るかな。

「なんも無し」はさけたいところです。

  

 

コロナウィルス感染拡大予防のため、

みちくさハウスは4月中ばから活動を休止していましたが、

5月9日からはまずは土曜日に限定した形で、段階的に活動再開していきます。

コロナ等感染症予防に留意し、当面は屋外のみで行っていきます。

今後のコロナの感染状況、雨天時等により、急遽活動の日程の変更、休止になることがあります。

 

それでは、5月最初の活動での出来事を報告したいと思います!

 

一番乗りで来てくれた子はお昼ご飯を食べ終えてからすぐ来てくれたようで、

姉妹を置いて先にきたそうです。

その子はなにかを封筒にいれて持ってきていました。

見せてもらうと、今をときめく大人気漫画・「鬼滅の刃」の切り抜きでした。

お父さんに切り抜いてもらったそうです。

カラーのページからネタバレまで選ばれし珠玉のページが散りばめられてました。

 

それから少しずつ子ども達が増えてきました。

名簿に名前を書くと、早速木登りをしたり、猫車で遊んだり。

  

  

お庭では、ぴょんぴょこアマガエルが跳ねていました。すると、子ども達は

きらめく眼でロックオン、カエルを捕まえては虫かごに入れていきました。

瞬く間に、虫かごの中は「3密」がどうこういえる状態ではなくなっていました。

 

しばらくすると虫かごの中のカエルが鳴きました。

でもいつもの鳴き声となんだか様子が違うように聞こえました。

その鳴き声が意味することとは、如何に…?

 

ゲーム好きの男の子とは、ポケモン談義に花を咲かせたりしました。

最近捕まえたポケモンのことだったり、

いつか対戦とかしようねー、といったことを話していましたが

しだいにアレもちょうだい、コレもちょうだいとなり、

「いつか本当にできるときがきたら・・・」と、少し恐ろしいです。

 

 

木製遊具・「おにぎり山」の中では、マットで四方を囲ってその上を、

ブルーシートで覆い、2年生の二人が中に入っていきました。

さながら秘密基地ですが、中で一体何をしてるのやら。

数回覗きにいった子がその度に返り討ちにあっていましたとさ。

 

あれ?コレ、密だな…

 

ということで、この日の活動の締め括りには換気のいい遊びとして、

青空の下、みんなでドッジボールをしたり鬼ごっこをすることに。

 

半月ぶりの活動で、子ども達がはっちゃけたりしないかなと思いましたが、

思っていたより、落ち着いた活動となりました。

ちょいちょい小さい喧嘩は勃発してたものの、平和な1日でした。

でも、グーで殴るのはやめてほしいな。そもそも殴らないでほしいな。

 

少しは運動していたつもりなのですが、なかなか疲れました。

ちょっと自分自身もはしゃいでしまっていたのかもしれません。

その日の夜、なんとなしに前屈してみたら見るも無残でした。

 

みちくさハウスの本棚のラインナップも、活動お休みの期間に少しリニューアルしました。

どうなったのかは見てからのお楽しみ。

 

緊急事態宣言が39県で解除されましたね。

これで気が緩んで再度集団感染、となったら目も当てられません…

そんなことにならずに、このまま事態が収束することを願うばかりです。

 

まだまだ通常運転とはいかないですが、これからも頑張っていきますので、

これからのみちくさハウスを見ていただけたら幸いです。


ページトップ