お知らせ
  • 二又復興交流センターからのお知らせ
  • 【コロナウィルス感染予防に関するお知らせ】
  • 【ボランティア受け入れについてお知らせ】
驚きの連続!6月後半のみちくさハウス

みなさんこんにちは!子ども支援担当のふうたです!

陸前高田の気候は暑すぎず、といったところでしょうか、

でも湿度が高いと額から汗をつたります。

 

6月も後半ですが、ツツジが綺麗に咲いています。

ピンクがかわいいですね!

  

 

それでは今回の報告をします!

畑の野菜はピンチを迎えたのもありましたが、順調に育ち、実がつき始めました!

去年の生き残りのジャガイモが勢力を拡大していたりして、ちょっと驚いています。

みんなで収穫できるときが楽しみです。

 

  

天気の良い日は、ミズキの木で木登りしました。みんな生き生きしています。

木には穴が空いているところがあって、そこに木の棒を刺してみると、

ハサミムシが出てきました。

子どもたちもびっくりして甲高い声を発していました。

木にしがみついていたこともあり、お猿さんみたいでした。

 

  

ギリギリの時間につみき、  を総動員させての迷路?を製作していました

今回はパパーっと片付けていました

 

唐突にクワガタ

 

  

6月20日の活動は、諸事情により自習室のみの開所となりました。

勉強がひと段落ついて、大学生の皆さんからの挑戦状(オリジナルの学習ドリル)をやりました。

算数や漢字の書取りがクイズ形式で出題されていて、子どもたちも楽しそうに目を輝かせながら取り組んでいました。

ドリルを作成くださった東北大学・ぽかぽかの皆さん、ありがとうございます!

 

 

みちくさハウスのお庭にある、梅とブルーベリーを収穫しました。

大きなハシゴを使った作業に、子どもたちも大はしゃぎでした。

中には、職人のように集中して、収穫から、実を洗って、ヘタを取り除くところまで熱心に取り組む子も。

 

この季節ならではの楽しいアクティビティになりました。

ブルーベリーは洗って、その日に食べちゃいました。

集めた梅は、梅ジュースにしたいと思います。前回はちょっと失敗してしまったのでリベンジです!

 

6月27日の活動では、午前中の自習室では閑古鳥が鳴いていましたが、

午後からどっと子ども達が来所してきて、午前との対比でびっくりしました。

今月で一番多くの子ども達が来所した日でした。

 

子ども達何人かで集められるだけカエルを捕まえる遊びが始まりました。

集めに集め、1つの虫かごに100匹はいるのではないかと思うくらい詰めこまれてました。

人によっては閲覧注意ですね

  

その後、たくさん捕まえて満足したのか、みんな逃し、みんな散り散りになりました。

子ども達とみちくさハウスの裏に行き、木に登ったり、ブランコに乗ったりしました。

用水路にいきたいという子がいてついて行くことにしました。

そして水遊びしていると、ドジョウが顔を出しました。

 

なんやかんやあって、近くにあったおもちゃのスコップでドジョウを捕まえました。

子ども達はドジョウのヌルヌルした感触におっかなビックリしながらも触っていました。

せっかく捕まえられたので観察したいと思ったそうで、虫かご とってくるー!と言って駆け出して行きました。

 

ドジョウが入った虫かごを持って裏から戻ってくると男の子たちが中心になって庭先に穴を掘っていました。

油断することなかれ。

ただの水たまりだと思って足を踏み込むと大人でも膝くらいまで

持っていかれてしまうほどの穴になっています。

水を入れてあなを掘りやすくしようとしたらこのようになったそうです。

 

この日のうちに元に戻るかなと思いましたが、意外と埋まりました

上から流れてくる水を土砂でせき止めている様子です。

 

今回の報告は以上です。

 

大学生のみなさんからの挑戦状は、その後追加で送っていただいたものもあり、

今後、子ども達と一緒に楽しみたいと思います。

 

7月には、みちくさハウス3周年のイベントとして、

デイキャンプもあるので、これまで以上に頑張って行きます。

これからもどうぞよろしくお願いします!


ページトップ