お知らせ
  • 《ボランティア受入休止のお知らせ》
  • 毎年恒例☆ハロウィンパーティー開催!
  • 二又復興交流センターからのお知らせ
自然を満喫!10/24秋のお散歩会☆

皆さま、こんにちは。パクト子ども支援のふるやんです。

陸前高田は昼の明るい時間が日に日に短くなり、朝晩の冷え込みに冬の気配を感じる季節になりました。

 

冬が来る前に、東北の貴重な短い秋を子どもたちと楽しみたい!ということで、

10月24日に陸前高田のお隣、大船渡にある夏虫山という低山に、

子どもたちと保護者の皆さんとお出かけしてきました。

 

当日に向け下見を重ねてきたこともあり、スタッフはルートもしっかり頭に入っていますが、

子どもたちはみんな初めて行く山の中。

山には、ハチや蛇、そしてクマなどの危険な生き物や

毒キノコ、ウルシなどの触ってはいけないものもあります。

なので、出発前に気をつけることなどをしっかり伝えてからバスに乗り込み、

いざ出発!

 

バスの中でも終始はしゃぎ気味の子どもたち。

午前中は、山頂近くにある「森の学び舎」という施設を起点に、

小学生チームと、ちびっこ・保護者さんチームに分かれ、

それぞれ施設の周辺を散策しました。

 

小学生チームは、当日案内役を勤めてくださった、

みちくさハウスのアドバイザー・もっちぃさんに色々と教えてもらいながら、

森の中の遊歩道を歩いて行きます。

 

「この木の実はなんの実だと思う?」、「ほら、この木の幹を見てごらん」と、

ただ歩いているだけでは見落としてしまいそうな、ささやかな自然の息づかいを

もっちぃさんはその都度立ち止まって子どもたちに教えてくれます。

 

この日は天気もよく、山歩きにはうってつけのお天気でした。

木々の間に差し込む光も柔らかく、心地よい森林浴の時間になりました。

 

 

みちの途中で休憩し、それぞれ持参したお気に入りのおやつを交換したり、

ブナの大木の周りで手をつないで、何人で一周つながるか試してみたり、

森の中でのびのびと過ごすことができました。

 

 

 

子どもたちは終始ご機嫌で、戻りの道すがら、みんなで大きな声を出して合唱する場面も。

林の中に子どもたちの明るい声がこだましていました。

 

一方、小さい子チームは森の学び舎のガイドさんや保護者さんと一緒に

綺麗な落ち葉や小さくて可愛いどんぐり拾いをしながら

20分程の遊歩道を散策しました。

 

 

子どもたちだけでなく保護者さんも一緒にどんぐりや落ち葉を拾ったり、

ガイドの方の説明を聞いたりしながら、秋の山を楽しみました。

 

 

みんなそれぞれお気に入りの木の実や葉っぱを見つけ、

午後の工作の時間の材料をしっかり集めることができ大満足。

 

 

 

楽しそうに歩いていた子どもたちですが、登るにつれて風が強まり

途中で諦めそうになる場面も。

 

ですが、保護者さんや小学生のお姉さんたちの励ましで

みんな無事歩ききりました。

 

散策から戻り、みんなで楽しくお昼を食べた後は、森の中で集めた落ち葉を使ってお土産のしおり作りをしたり、休憩したりして過ごし、

最後に施設のスタッフの方にお礼を伝えて再びバスに乗り込み、午後の活動場所に向けて出発しました。

 

 

 

午後の活動は、子どもたちも待ちかねていた、アスレチック遊具のある公園での自由時間。

バスから降りると、子どもたちは一目散に遊具のある場所へ向かいます。

 

大人気だったのは、ロープが蜘蛛の巣状に張りめぐらされた登れる遊具。

運動が得意な子はすいすいと、アスレチック初挑戦の小さい子たちは少しずつ、

上に向かって登ったり、下の方で体を揺らして全体を揺すってみたり。

 

 

構図が映えた一枚。

決めポーズもカッコよく、映画やアニメのキャラクターが

現実に飛び出してきたようです!

こちらは、まるで宇宙船の中から窓の外をのぞいてるみたい。

 

大人も一緒になって鬼ごっこをしたり、

普段は触れる機会の少ない大型の遊具で体を動かしたりと、

子どもたちがのびのびと羽を伸ばしている姿を見ていると、

こうした自然と触れ合ったり、思い切り走って遊ぶといった体験が

子どもたちの心と体の成長の糧になっていくのかな、と改めて感じました。

将来大きくなっても「楽しかった思い出」の一つとして、

今回の活動が子どもたちの心に残るといいなと思います。

 

さて、活動の最後は、一日を振り返り、

活動をサポートしてくださったボランティアの方々にお礼を伝え、

忘れ物やゴミの確認をしてバスに乗り込みます。

 

帰りのバスの中でも、子どもたちが疲れ知らずで

興奮気味にクイズ大会をしたり、おしゃべりをして過ごしていました。

みちくさハウスに戻り、一人一人の子どもたちを見送って、

今回の活動も無事に終了しました。

 

様々な方のご協力があり、今回のお散歩会が開催でき、

本当によかったと、毎度ながら感謝するばかりです。

 

今回の活動を支えてくださった皆様、どうもありがとうございました!


ページトップ