お知らせ
  • 《ボランティア受入休止のお知らせ》
  • 毎年恒例☆ハロウィンパーティー開催!
  • 二又復興交流センターからのお知らせ
コラボ企画 こどもプログラミング教室開催!

みなさまこんにちは。

子ども支援担当のゆかちゃんです。

 

最近のみちくさハウスでは裏庭に栗や柿などの秋の味覚が実り

子どもたちと一緒に収穫しています。

皆様はいかがお過ごすでしょうか?

 

週末の10月10日に一般社団法人plusはまかだの佐藤睦志さんを講師にお招きし、

特別コラボ企画「こどもプログラミング教室」を開催しました。

子どもたちもお知らせ用ホワイトボード書きや会場セッティングのお手伝い。

 

セッティングが早めに完了したので

パソコン慣れっこチームと初心者チームに分かれて教室スタート。

 

開始早々子どもから「今日はなんのソフトを使うんですか?」と

講師の先生に質問タイム。

「使ったことある」と言ってサクサク作業を進める子どもたち。

詳しく聞いてみると家でパソコンをよく使っているとのことでした。

 

パソコン慣れっこチームのみんなは背景やイラストをつけて落書きをしたり、

クイズを出し合って思い思いに楽しんでいました。

 

いつの間にか音楽を加工しダンス大会に。

「オタ芸のダンスを作ったよ」と言い踊りだす子どもたち。

参加していたみんなが大爆笑し、大盛り上がりでした。

 

一方、パソコン初心者チームの子どもたちは

講師の先生と一緒にマウスの使い方や、

キャラクターの動かし方のお勉強からスタート。

 

初めは、マウスとクリックボタンを動かすタイミングが合わずみんな大苦戦。

ですが、講師の先生にアドバイスをもらいながらあっという間に

マウスやプログラミングの機能に慣れていました。

子どもたちの飲み込みの早さに驚きました。

 

後半は子どもたち同士で、初めてプログラミングと触れ合うお友達に

「このボタンを押すと動くんだよ」などと使い方を説明したり、

見学していた保護者の方にキャラクターを動かしてみせたり。

見せられた子も、「わー動いたー!」と感動していました。

 

時間ギリギリまでアイデアを出して創作活動に励む子どもたち。

まだまだ作り足りない様子でした。

 

今回のコラボ企画を通して子どもたちだけでなく、

この日一緒に来られていた保護者のみなさんにも、

プログラミングが身近な存在になればいいなと感じました。

また、コラボ企画ができたら嬉しいです。

 

今回、こどもプログラミング教室の講師を努めていただいた佐藤さん、

保護者の皆様、ご協力いただき本当にありがとうございました。


ページトップ