お知らせ
  • 二又復興交流センターからのお知らせ
  • 【コロナウィルス感染予防に関するお知らせ】
  • 【ボランティア受け入れについてお知らせ】
3周年記念 みちくさデイキャンプ!後編

前回に引き続き「みちくさデイキャンプ」後半の活動の様子になります。

 

運動会が終わって子どもたちは満足そうな表情で

「ただいまー」と言って帰ってきました。

 

夕ご飯までの間は、室内で思い思いに遊んでいました。

学生ボランティアのお兄さんに「おんぶしてー」とおねだり。

子どもたちの底なしの体力に圧倒されていました。

 

 

一方、縁側では地域ボランティアの方々とパクトスタッフが

夜ご飯のバーベキューの火起こしの準備。

ママチームもお野菜の下ごしらえのお手伝いをしてくれたこともあり

とってもスムーズにバーベキューを始めることができました。

火起こし係のみんなから声がかかるとバーベキュー開始。

 

 

たくさん運動してお腹がペコペコな子どもたちは

「お腹すいたからお肉いっぱい食べる」と言って食器を持って待機。

 

順番に並んでお肉やお野菜を皿に盛り付けてもらった子どもたちから

勢いよく食べていました。

 

 

外にもテーブルと椅子を用意し、飲食スペースを確保。

コンロの前に椅子を置き「子どもトーク」をしたり、

縁側に座って学校の様子について情報交換したりと

みんなそれぞれ楽しみながら食事。

 

 

小さい子どもたちも緊張しながらもママやお友達と一緒に

バーベキューを楽しんでいる様子でした 。

 

 

地域ボランティアの皆さんとパパチームは子どもたとのために

お肉やお野菜を汗だくになりながら一生懸命焼いてくれました。

 

 

夜ご飯の後は肝試しと花火を行い、

近隣市町村から参加いただいた高校生ボランティアさんや

地元ボランティアの皆さんにもお化け役に扮していただきました。

子どもたちもミッション出題係のお手伝い。

 

 

スタッフが考えた、肝試しをテーマにした怖い話の朗読を聞いてからスタート。

 

 

チームでミッションに挑戦してゴールを目指すというもの。

チームで協力して、怖がる低学年の友だちを励ましながら

ミッションをクリアしていました。

  

 

花火が盛り上がりそうな暗さになってきたので花火タイム。

「今年初めての花火!」と嬉しそうな子どもたち。

いろんな色の花火があり、とっても綺麗でした。

用意していた置き型花火も、着火するとすぐ花火が上がり、

子どもたちは歓声をあげて大興奮の様子でした。

 

 

みんなが花火をしている間に、ママチームの皆さんがスイカの用意をしてくれていて

みんなでムシャムシャ食べました。

 

 

最後に去年開催したキャンプの記録映像をサプライズ上映。

去年のキャンプにボランティアで参加してくれたスタッフの友人が、

「今年はコロナで現地には行けないけれど」と、この日のために制作してくれました。

映像が始まると子どもたちは真剣に鑑賞していましたが、

子どもならではの面白ポイントがあるようで、ところどころで大爆笑が沸き起こっていました。

上映後も子どもたちは気分がノリノリで終わりの会になっても

ワイワイ楽しそうでした。

 

 

3周年記念の「みちくさデイキャンプ」では、たくさんの親子や

ボランティアの皆さんにご参加いただき大盛況で終えることができました。

今回ご協力いただいたすべての皆様、本当にありがとうございました。

 


ページトップ