お知らせ
  • 二又復興交流センターからのお知らせ
  • 【コロナウィルス感染予防に関するお知らせ】
  • 【ボランティア受け入れについてお知らせ】
1/18もっちもち☆餅つき大会開催!

皆さんこんにちは、ふうたです。

今回は、1月18日にみちくさハウスで開催した

餅つき大会のご報告です。

 

前日に地元の産直さんから臼と杵をお借りして、その日できる下処理、準備をして

明日に臨みます。

当日の朝、近所のおばあさんが来てくれて、一緒に餅つきの準備をしてくれました。

餅つきに参加したことこそはあれど、開催する側になった経験はありません、

加えて、みちくさハウスで初の試みということで、スタッフはドキドキでした…

当日の朝も、午後の支度をしているところに、近所のおばあさんが来てくれました。

準備を手伝ってくれたり、助言してくださったりで、とてもありがたかったです…。

手作りのお雑煮もいただいちゃいました。

 

色々と準備を済ませ、子ども達を待ちます。

13時が過ぎ、子ども達がやってきました。

外遊びしたい子もいるので餅つきまでの1時間、目いっぱい遊んでもらいます。

 

14時になったところで、中に入り、餅つきをできるように身支度してもらい、

ふるやんの説明を聞きます。

蒸したもち米を運んでいきます!そして臼に移し、来てくれた子のお父さん2人が

コネていきます。餅っていきなりついちゃいけないみたいです。

流石お父さん!力強かったです!

  

そして近所のおばあさん…アツアツのもち米に水で濡らしただけの

手を入れてひっくり返します。

 

ちょっと餅っぽくなってきたところで子ども達に杵をバトンタッチ!

みんななかなかノリノリなご様子。力一杯、杵を振るい、

ペッタンペッタン ついていきます。

みんなでついていくと、だんだん餅らしい状態になってきました!

  

完成した餅を中に運び、餅をちぎり、トッピングしていきます。

きな粉やあんこはもちろん、チョコソースのような変わり種もあります!

  

子供達に一皿一皿トッピングしてもらったところで、

餅つき第二弾です!

 

さっきと同じように臼に餅をいれ、お父さんがたにコネてもらいました。

そして子ども達がついていきます。

 

そしてみんなで作った餅を食べます!

いただいたお雑煮も一緒にいただきます!

やっぱり手でついた餅は歯ごたえが違いますね!子ども達も箸が進みます。

自分が食べようと思った時にはもう大方なくなってました…。

  

 

最後に、記念にパシャリ!満足な1日になったかな?

今回、参加者が子ども達、保護者合わせて30名を超えました。

この大人数の中、ケガもなく、餅をつけて、お腹も膨れました!

このようにできたのも近所の方、保護者の皆様のおかげです!

ご協力してくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

餅つきが無事終わり、2月には節分やバレンタイン 、3月にはひな祭りが控えています。

子どもたちが豊かな体験をたくさんできるよう、

スタッフも、より一層気合いを入れて活動していきたいと思いますので、

引き続き、皆さまのお力添えを、よろしくお願いいたします。


ページトップ