お知らせ
  • ※※※二又復興交流センター冬季休業のお知らせ※※※
  • 二又復興交流センターの料金改定についてお知らせ
  • ボランティア活動日変更のお知らせ
新スタッフ登場!9月のみちくさハウス

こんにちは、はじめまして!

9月から新しくスタッフとして仲間入りさせてもらいました、ふうたといいます!

6月からボランティアでみちくさハウスにお邪魔させてもらっていましたが、

晴れてスタッフになれたということで

今まで以上に頑張らせてもらいたいと思います。よろしくお願いします!

 

9月初めは諸事情により、みちくさハウスの活動は1週間ほどお休みになりました。

その間に気温も落ち着き過ごしやすくなり、秋虫の鳴き声が聞こえ、秋の訪れを感じる季節になりました。

ですが、そんな季節の移ろいにはお構いなしに、子どもたちは今日も元気に駆け回っています。

ある子は虫取りに挑戦して虫カゴ一杯になるまで捕まえて観察したり、ある子はネコ車を押しながら爆走したり。

 

みちくさハウスの畑の作業を手伝ってくれる子もいました。種まきをしたり、収穫をしてくれたりしました。

 

 

また、9月は十五夜の季節ということで今年もお団子作りをしました!

この日は、岩手大学のお兄さんお姉さんも来てくれました。

カボチャを混ぜてお月様のような黄色いお団子も作ってみました!

 

口の周りをきな粉まみれにしながら食べてる子もいました。美味しそうに食べてくれて、なによりです!

 

 

また、読書の秋ということで、みちくさハウスに読書コーナーを設置しました。

子どもたちからは なかなか好評で、中には読書冊数を競う子もいました。

一番多く読んだ子は1日で30冊近く読んだとのこと!

(本当にそんなに読んだのかな…?)

疑惑は残りましたが、多くの子どもたちが本を読んでくれました!

 

 

みちくさハウスのお庭では、少し早めの芋掘りをしました。

みちくさハウスに来てくれていた親子も手伝ってくれました。

  

 

お芋を掘っている時に、家族でお出かけして発掘体験にいったことを話してくれました。

なんと、5歳のその男の子が、発掘体験で化石を発掘したとのこと!

沢山の子が参加した中、化石発見者はその子一人、

しかも〝海竜(恐竜のいた時代に海に暮らしていた爬虫類)〟の化石かもしれないそうです!

今後専門家の先生が鑑定されるそうですが、期待で胸が膨らみますねっ

そして、そんな大発見をしたその子が将来どんな大人になるのか、ワックワクのドッキドキです!

 

一方、お芋のほうはというと、2個しかとれませんでした…こちらは大物を発掘できなかったようです…。

みちくさハウスには、これまでもボランティアとしても来ていたこともあり、

大分慣れてはきましたが、自分の力不足を感じる今日この頃。

 

ですが、最初は人見知りして引っ込み思案だった子も、徐々に慣れてきてくれて、

色々な表情を見せてくれるようになり、嬉しさを感じます。

       

 

みちくさハウスがこれからも皆様の居場所となれるよう、活動していきたいと思っています。

ボランティア、コラボ企画等も募集しています!是非一度みちくさハウスに来てみてください!


ページトップ