お知らせ
  • 夏季休業のお知らせ
  • 【活動内容の変更と、ボランティア活動休止のお知らせ】
  • 二又復興交流センターの料金改定についてお知らせ
みちくさハウスで伝統行事体験!みずき団子作り

こんにちは、子ども支援担当のらんこちゃんです。

寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、先週のみちくさハウスでは、

小正月を前に地域の伝統行事・みずき団子作りを行いました。

 

まずはみちくさハウスのお庭にあるミズキの木を

切るところから作業はスタート!

普段は『秘密基地』として子どもたちが登っているミズキの木。

木登りなら任せろと、子どもたちは駆け足で向かいます。

ちょうどいい大きさの枝を選び、いよいよのこぎりスタート!

スタッフがのこぎりで切っている間、子どもたちは枝を支えてサポート。

見事な枝をゲットしました。

 

 

近所のお母さんのアドバイスもあり、ミズキの木の下準備はOK!

あらかじめ用意していた、色とりどりの団子や飾りをつけていきます。

 

 

美味しそう…思わず口に入れちゃう子も。

 

 

オレはどこにつけようかなぁ〜

 

きれいだね!私はこれを飾る!

 

高いところは、高学年にお任せ!

 

飾り付けが終わったら、今年の目標を短冊に書くことに。

「スケートが上手になりますように」

「ケンカをしませんように」

という、子どもらしい目標から

「平和な一年になりますように」という大人顔負けの目標を書いた子も。

みんな、いい一年になるように頑張ろうね。

 

短冊をつけたみずき団子は、そのままみちくさハウスの玄関に飾り付けられました。

古民家を利用したみちくさハウスには

地域の伝統行事もよく似合います。

色とりどりのみずき団子が、みちくさハウスを彩ってくれました。

 

 

新年明けてからの初遊びとして、スタッフのお土産のすごろくやカルタも大人気。

かわいいイラストに心弾ませながらも、

勝った人が思わずガッツポーズするほど戦いは白熱。

発展して、オリジナルのスゴロクを作る子も。

サイコロまで手作りです。

 

 

2019年のみちくさハウスもクリエイティブでアクティブな子どもたちがたくさん!

みんな遊びに来てね!!


ページトップ