お知らせ
  • 【ボランティア受け入れについてお知らせ】
  • ご寄付のお願い
  • 【ボランティア活動再開のお知らせ】
11月16・17日の気仙みちくさルーム☆

こんにちは、子ども支援担当のユリコです。

11月16・17日に聖心女子大学の皆さんと実施しました

気仙町でのみちくさルームのご報告です。

 

毎回午前中に、活動のミーティングをしてから午後に臨みます。

子どもたちがみんなでのびのび過ごすことができるよう、

学生のみなさんのアイディアで、事前に考えてきてくれた色々な遊びを行います。

「〜小さい子はどうかな?」「〜ルールをもっとわかりやすく説明しよう!」「〜この順番にしたらスムーズなのでは?」

と、活発な意見交換がされ、みんなで流れづくりや役割分担をします。

 

 

CIMG7283 CIMG7281

 

集合して挨拶をし、開始!

「ドロケイをしよう!」と提案すると、初っ端から「ヤダー」との声が。。

その時の子どもの気分、周りの子の意見、大人の声のかけ方などで、子どものやりたいことは変わります。

みんなで遊ぶというのは、なかなか大変なことも。

 

機転をきかせて、子どものリクエストの「だるまさんが転んだ」や、「ハンカチ落とし」などの

子どもに馴染みのあるゲームで、子どもたちとふれあいました。

 

CIMG7285

 

次は風船を使ってバレーボール!

風船のふわりとした読めない動きに、あっちあっち!と盛り上がります。

 

CIMG7295

 

次は「ジェスチャーゲーム」!

カードに書いてある、「野球」「電車」「馬」などのお題に、子どもたちがジェスチャーし、

見ているみんなが当てます。2チームに分けて早さを競い、みんなテンポよく表現していきます!

 

普段やんちゃに走り回っている子や、控えめな子も、楽しそうに表現していました♪

終わりの会をして、また明日。

 

CIMG7302

 

2日目の午前中は、前回と同じく「タオル帽子づくり」をのお手伝いをさせていただきました。

がん患者さんのために、タオルを縫って帽子をつくる活動で、

ここ陸前高田でも震災後、公民館や集会所にみんなで集まって活動しています。

 

震災により多くのものを失ってしまった皆さんが、「誰かのために」と手を動かすことが励みになったり、

こうしてみんなで集まる機会になったり…

人と人が支え合って、つながっているんだなと毎回実感する時間です。

聖心女子大学さんとご縁のある方にお声がけいただき、子ども支援活動の前にご一緒しています。

 

CIMG7305 CIMG7310

 

 

あたたかなお食事をご一緒させていただき、一人ずつ自己紹介したり、

他愛もないお喋りをしたり。食事のあとは、「みんなで踊るべし!」と、音楽がかかり、
輪になって「しあわせ音頭」を踊りました。

こうして受け入れてくださる地元のみなさんに感謝です。あたたかい時間を過ごしました。

 

CIMG7320

 

 

さあ午後のみちくさルーム。

今回の土日から、子どもに「名札」をつけてもらうのを導入してみました!

土曜はつけようとしたら(シャイな子が多いせいか)失敗してしまったのですが、

日曜は子どもが名札を書く役割をしてくれて、自然とみんながつけてくれました。

 

CIMG7329

 

 

今日は「2014年のカレンダーづくり」!

学生のみなさんが、思い出に残るように、普段の生活で使ってもらえるようにと
企画してくれました。

 

子どもたちは、好きな世界や季節などをイメージして
色画用紙に、おもいおもいに絵や飾り付けをしました。

 

CIMG7336 CIMG7327

 

みんな真剣!!

今回は、わたや毛糸など、感触や立体感のある素材がたくさんあり、

わたを雲や雪に見立てたりと、子どもも楽しそうに制作していました。

 

子どもたちは昨日のジェスチャーゲームがとても楽しかったようなので、今日も!

子どもが、ジェスチャーのお題を考えてくれました。

 

CIMG7361

 

 

演じているほうも、見て当てるほうも、

どう表現したらいいか考えたり、ひとつひとつの仕草を観察したり、たくさんの感覚を使うゲーム。
正解すると自信をもったり、みんなが協力できるし、そして楽しい!

 

CIMG7364

 

 

自由時間には、みんな混合でドッジボールをしました。

普段は前に出ない子も、みんなで遊ぼうという空気や、周囲の声がけで、積極的にボールを投げます!
子どもたちは、1戦1戦が真剣勝負!

 

CIMG7371

 

最後は、今日作ったカレンダーを持って集合。
2人の子が、自分のカレンダーについて、テーマや考えを発表してくれました!

キラキラした星空を表現した子。

もうすぐのクリスマスをイメージした子。

みんな、好きなこと、興味のあること、想像することが様々。

カレンダーづくりを通じて、子どもの個性や想いを感じることができました♪

 

子どもの頃の体験や、考えていたことは、大人になっても心に残ったり影響を受けます。

ここで、子どもたちがのびのび表現したり、ありのままでいられたり、心が豊かになるような、

そんな時間であったらと思います。

 

CIMG7368

 

 

みんなで記念撮影☆

聖心女子大学のみなさん、2日間どうもありがとうございました!


ページトップ