お知らせ
  • 【活動終了のお知らせ】
  • 《年末年始休業のお知らせ》
  • 寒さなんてなんのその!11/21焼き芋会
1/13第三回みちくさプログラミング教室

みなさん、こんにちは!

パクト子ども支援担当の楓汰です。

 

最近は強い風も吹き、喉風邪や、コロナ以外の感染症の発生例も

チラホラ聞くようになりましたので、皆さまも体を冷やさないよう、

体調を崩さないようにお気をつけください。

 

それでは、冬休み期間にプログラミング教室を開催しましたので、

その報告をしたいと思います。

 

1月13日に講師にplusはまかだの佐藤さんをお呼びして午前中の自習の時間と一緒に

プログラミング教室を開催しました。

 

イベントを開催するにあたって、前回、前々回とも大好評だったため、

定員オーバーしてしまった場合の対策など、

色々考えて用意していたのですが、前日に降った雪の影響もあってか、

今回は少人数でのこじんまりとした活動になりました。

  

  

今回参加した子たちは前回のプログラミング教室にも参加していて、

特に何も言われなくても1人で、マスコットキャラクターのネコの色を変えてみたり、

画面上で電車の絵を描いたりしていました。

 

パソコンで絵を描くだけでもいろんなところを切り替えながら描いていて、

前回のプログラミング教室から、2ヶ月はたっているのに、すごいスムーズにやっているなぁ、

と思ってみていたのですが、一通り電車の絵を描き終わると、

パズルのピースのようなものがたくさん並んでいる画面に切り替えました。

そのパズルのピース形を、いくつか組み合わせると描いた絵に命令できるようです。

電車を描いていた男の子が、『座標が〜、インデントが〜、』と、

何やらパソコン用語っぽいことを口づさみながら、ガチャガチャいじってると、

電車が縦に横に動きました!

僕は、すごい!どうしよう!全然ついていけてない!と思っていると、

男の子が、電車を動かしながら解説もしてくれました。

その姿はまるで弟子に指導をしている師匠のようでした。

その日、その男の子は師匠と呼ばれることになりました。

  

  

ちらっと女の子が使っているパソコンの画面を見てみるとマスコットのネコが奇抜な

姿になっていて、頭が回転したりしていました。そして、さらなる改造をし続けていました。

短時間でこんなにも変容するのだなぁと思いました。

あっという間に時間は過ぎ、終わりの時間に。

プログラミング教室の最後に今日の成果を発表してもらいました。

まずは女の子から、ネコを使った福笑いと、パソコンに保存されている

データを組み合わせて作った絵を発表してくれました。

 

今回は2時間ほどのプログラミング教室だったのですが、

女の子は冬休みの宿題もあったため途中から離脱したものの、

半分の1時間ほどの時間で、2つも作品を作り出していました。

 

そして男の子はこのプログラミング教室で超大作を作り上げました。

作っていた動く電車に駅を描き足し、昼・夕方に変わる背景と汽笛まで

つけたものを作り上げました!

 

今回のプログラミング教室は朝に開所してすぐは、どうなるかと思いましたが、

無事参加者も集まり、少人数ながら、のびのびプログラミングをできました。

みんな時間内に完成できて、男の子の方は、迎えに来たおじいちゃんにもみてもらうこともできて

満足できたプログラミング教室だったと思います!

 

お昼の時間になり、ここで午前の部は終わりです。

お昼休憩を挟んで、午後は通常のみちくさハウスを開所しました。

午後もこじんまりとした活動になりましが、その分ゆっくり、のんびり

トランプや、ナインタイルなどで遊びました。

 

午前中のプログラミング教室に来てくれた子も来てくれて、電車について語ったり、

新幹線を擬人化させた絵を描いたりしていて、今日は電車づくしでした。

電車熱が沸騰していますね。

  

 

 

plusはまかだの佐藤さん、年初めの忙しい中プログラミング教室を開催していただいて

本当にありがとうございます!おかげでたくさんの楽しそうな表情を見ることができました。

 

小学校でも必修科目になったというプログラミング。

みちくさハウスでも、2020年と今回を合わせて、3回のプログラミング教室を開催しました。

これで小学校の授業でのプログラミングをだいぶ先取りしてしまったのではないかと思います。

学校の授業でも、これまでの経験を遺憾無く発揮してもらいたいと思います!

 

今回のブログはこれにてお終いです。

これからもみちくさハウスの情報を発信していきますので、

みちくさハウスをこれからもよろしくお願いします。


ページトップ