お知らせ
陸前高田の風景

団体情報

ごあいさつ

東日本大震災は当たり前にそこにあった心豊かな暮らしを、私たちから奪っていきました。
壊滅的な被害を受けた陸前高田市では、多くの方々からの暖かなご支援をいただきながら、一歩ずつ復興への歩みを進めています。
目に見えるかたちで行政を中心とした復興事業が進む中、今後は未来の陸前高田が子ども、若者、女性、高齢者など、すべての市民が希望を持ち安心して暮らすことができる街となるよう「心の豊かさをともに育むことができるまちづくり」を目指すことが大切だと考えます。
震災前からの課題であった高齢化、過疎化、若者の人口流失が震災の影響によりさらに加速しました。しかし、震災をきっかけに生まれた多くの出会いと交流が広がるなかで、これをチャンスとして新しいまちづくりを始めることが、喜びや希望あふれる未来を作ることだと考えます。
私たちは2011年7月の団体設立以降、地域住民の声に耳を傾け、子どもの居場所づくりや、県内外から訪れるボランティアの紹介、簡易宿泊所の運営を行ってきました。
私たちの活動に多くの方々から期待が寄せられており、その想いに応えていくことへの責任を改めて感じています。
今後もスタッフ一丸となり、住民一人ひとりが夢や希望を持ち、明るい笑顔で暮らせるまちづくりに貢献していく所存です。
引き続き、皆様から陸前高田へのあたたかいお気持ちをお届けくださいますと幸いです。

 

設立の経緯

東日本大震災を受けて設置された陸前高田市災害ボランティアセンター(VC)は、運営主体の社会福祉協議会自体が被災したため、地元スタッフと全国から駆け付けたスタッフが協働で運営を担ってきました。
2011年7月、地元と外部のVCスタッフ有志が団結し、人々の力を集結させることで復興の一助となることを目指し、陸前高田発の人と人の集合体として、特定非営利活動法人パクトを立ち上げました。

基本理念

私たちは、震災によって多くを失いましたが、他方で、人と人とのつながりというかけがえのない財産を得ました。
私たちはこの財産を大切にし、これからもあらゆる人と人をつなげることで、住民一人ひとりが平穏な日常を取り戻し、希望に満ちた地域社会の実現を目指します。
PACTのロゴについて:英文表記「PASSION, ACTION, CONNECTION FOR TAKATA」には、情熱、行動、つながりを通じて、陸前高田の復興と発展に寄与する、という思いを込めています。

団体情報

団体情報
特定非営利活動法人パクト
設立年月日
2011年7月設立(2012年10月より法人化)
所在地
  • 〒029-2206 岩手県陸前高田市米崎町字中島108-2(事務所・復興サポートステーション所在地)
  • 〒029-2201 岩手県陸前高田市矢作町字愛宕下11(二又復興交流センター所在地)
代表者
代表理事
水野 朝紀
役員一覧
  • 理事
    熊谷 克郎
    佐藤 貞夫
    萩原 史
    桒久保 博夫
  • 松本 崇史
    吉田 信雄
    森本 智喜
  • 監事
    神元 幸津江
団体定款
特定非営利活動法人パクト (認証H28.4.20)
平成24年度報告
事業報告書 決算報告書
平成25年度報告
事業報告書 決算報告書
平成26年度報告
事業報告書 決算報告書
平成27年度報告
事業報告書 決算報告書
活動実績
詳細ページへ
協力団体
詳細ページへ

ページトップ