お知らせ
  • サポステだより【10月のご報告】
  • 9/22 秋を満喫!お月見団子づくりにチャレンジ☆
5月10日の子ども向けイベント、『ボールであそぼ。』ご報告(後半)

☆5月10日に開催した子ども向けのイベント、『ボールであそぼ。』活動報告の後半です☆

 

会場内のブースは、ストラックアウト、大玉転がしゲーム、パターゴルフ、

サッカーボールを蹴るボーリング、フットサルの他に、

シャボン玉の筒の中に入れてもらえるブースや、

小さい子どもでも遊べるおもちゃを用意した、ふかふかのカーペットが敷いてあるコーナーなど、

小さな子どもから育ち盛りの小学生まで、また、大人でも楽しめるような

たくさんの企画で盛りだくさんでした!

IMG_0039 IMG_0044 IMG_0018 IMG_0097

 

子どもたちは、ボランティアのお兄さん、お姉さんたちや、

友達同士で、「次はあっちに行こう!」、「もうすぐ全クリ(全部クリア)だよ!」と

はしゃぎながら、各ブースをまわって、遊びをクリアするたびに、

秘密の暗号になる文字のスタンプをゲットして行きます。

IMG_0171 IMG_0177

 

会場のブースを巡って、全てのスタンプを揃えた子は、

ゴールである「ひみつのへや」に入るためのミッションが与えられます。

ドラえもんの着ぐるみを来たおじさんの大好物が描かれたカードを会場の中から探し出し、

ドラおじさんに渡してあげれば、会場の一角に設けられた「ひみつのへや」に入ることができるという、

何とも子どもの好奇心をかき立てる仕掛けに、パクトスタッフも、

側で見ながらドキドキワクワクしてきます。

IMG_0123 IMG_0094

 

見事ドラおじさんの大好物を見つけられた子どもが、「ひみつのへや」に入ると、

床一面に敷き詰められた風船の中から、しゃらしゃらと、涼しげな音がします。

「こん中にー、ちっちゃい鈴の入った風船があるから、見つけてなー」とドラおじさんが言うやいなや、

子どもたちは風船の中に飛び込んで行きます。

IMG_0084 IMG_0088

 

普段の生活では、震災によって多くの色彩が失われた風景の中を、

工事車両が行き交う音に囲まれて暮らす陸前高田の子どもたちにとって、

色とりどりの風船の中から響いた鈴の音は、どのように聴こえたのでしょうか。

 

・・・と、大人の私は勝手に感傷的な気持ちになってしまいましたが、

子どもたちはとにかく元気!風船を蹴ったり投げたり、寝転んで風船を打ち上げたり。

 

IMG_0105 IMG_0119

 

そんなこんなで鈴の入った風船を見つけた子どもには、

景品の駄菓子セットが贈呈されます。

スタンプラリーをクリアした子どもは、

「もいっかいまわるー!!」と早くも2周目に突入します。

 

一緒に遊んだ学生ボランティアやスタッフはヘトヘトになりましたが、

子どもたちは、イベントの3時間、ほぼ休むことなく汗をかきながら

体をめいっぱい使って遊んでいました。

IMG_0072 IMG_0169

 

最後は、会場にいた子どもとスタッフ全員で、

鬼ごっこをしてイベント終了です。

IMG_0199

 

会場を出て、引率のバスに乗り込む際、

小学生の女の子たちから、TTTのスタッフさんに、

寄せ書きのプレゼントを渡しました。

寄せ書きには、「今日はありがとうございました。また会えるといいね」、

「とってもとっても楽しかったよ」、「ドラさんへ、ポケットにスマホを入れちゃだめ!!」など、

子どもたちの思いやりや楽しい気持ちが伝わってくるメッセージが書かれていました。

 

イベント中は、ブース担当の大人たちをからかったりしながらも、

最後にはきちんとお礼を伝えることのできる陸前高田の子どもたちは、

本当に気持ちの優しい子どもたちだなぁと実感した瞬間でした。

IMG_0192

 

バスに乗り込んだ子どもたちは、名残惜しそうにしながらも、

満面の笑顔で手を振って会場を後にしました。

 

陸前高田を訪れるボランティアと、これからこの町で成長して大人になっていく子どもたちが、

遊びを通じて交流する手作りの温かなイベントに、スタッフとして関わることができ、

こんなにも多くの子どもたち、そして子どものような大人たちと

思い出を分かち合うことができたことは、本当に幸せなことだったと感じます。

 

これからも、陸前高田の子どもたちが、のびのびと遊び、様々な体験をすることで、

子どもたちが将来大人になってからも、鮮やかな記憶として心の中に残るような思い出を

一つでも多く、一緒に作っていけるよう、

今後もここ陸前高田で、自分たちにできることを

一つずつ積み重ねていきたいと思います。

 

この日のために、イベントの数ヶ月前から準備を重ね、

お忙しい合間を縫って陸前高田を訪れてくださったTTTの皆さま、

イベントにご協力いただいた、神奈川大学、上智大学・SVNの皆さま、

そしてイベントに関わっていただいた全ての皆さま、

本当にありがとうございました!

 

追記:

イベント終了後は、TTTさん、上智大学・SVNの宿泊先である

二又復興交流センターの食堂を使ってイベント後の交流会を行い、

学生、社会人、陸前高田に暮らす人、ボランティアで訪れた人が入り乱れ、

ざっくばらんに語り合い、大いに盛り上がりました!

IMG_0206 IMG_0211

そして、イベント翌日は、TTTさん、神奈川大学さんは

サポートステーションのボランティア、

上智大学SVNのメンバーは広田町でのみちくさルームと、

それぞれ2日目も、精力的に活動していただき、

内容がぎっしり詰まった2日間になったようです☆

IMG_0218

 

また皆さまにお会いできることを、ここ陸前高田でお待ちしております!

 


ページトップ