お知らせ
2017年3月子ども支援NW会議

こんにちは。子ども支援担当のりっちゃんです。
お花見の季節がやってきましたね。
陸前高田市のお花見は4月中旬から5月初旬辺りです。


写真は、市内の中心部を広田湾の反対側から見た光景です。
復興公営住宅が建ち並び、4月末には大型ショッピングセンターも開業予定です。

 

さて、今回は今年度最後の子ども支援NW会議のご報告をさせていただきます。

陸前高田市内で活動する子ども支援団体や市内の教育機関、地域住民が集まり、
各団体の活動報告や子どもに関する情報を共有しています。

 

3月17日に行った会議には7団体の皆様にお越しいただきその内2団体は初めて参加していただきました。
まずは各団体からこの1ヶ月の活動報告をしていただきました。

 

その後は子どもたちの様子について。
震災から6年が経ち、この1年での子どもたちの様子の変化、子どもたちを取り巻く環境について情報共有しました。

街の中心部に今建設されている大型商業施設は4月末に開業予定で、その横には遊具も建設されています。また、震災で全壊した広田町のコミュニティセンターも再建され、早速地域の活動で活用されているようです。

市内のいたる所で復興が進んでいるのを感じる一方で、未だ子どもたちを取り巻く環境は厳しいと言う意見もありました。今でも子どもたちはスクールバスで登下校しているため、放課後子どもたち同士で遊ぶ時間はなく、学校が終わったらまっすぐ帰宅するようです。また、保護者向けアンケートでは、「休日子どもと一緒に遊べる居場所が欲しい」と多く意見があったようです。

 

今回は会議後、年度の締めくくりとしてささやかな親睦会を行い、10名程ご参加いただきました。

写真は、親睦会後の1枚。

 

親睦会では、市外の復興状況、陸前高田市の自然を活用した子ども向けイベント等の話題で盛り上がりました。
普段の会議は時間が限られるため、議題以外の話題で話し合われる機会が少ないですが、今回行った親睦会では、次々と話題があがり、終始和やかな雰囲気で過ごしました。

これからも、子ども支援NW会議の皆様と情報共有を行い、陸前高田の子どもたちが元気にのびのびと過ごせるよう協力してまいりたいと思います。

今年度も子ども支援ネットワーク会議の皆様には大変お世話になりました。

来年度も会議を継続してまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


ページトップ