お知らせ
  • サポステだより【10月のご報告】
  • 9/22 秋を満喫!お月見団子づくりにチャレンジ☆
8/5 カレーを作って食べたよ! その1

こんにちは!子ども支援担当らんこちゃん&ふるやんです。

陸前高田では、お盆を過ぎ子どもたちの夏休みも終わり、他の地域より

ひとあし早く新学期を迎えましたが、まだまだ残暑が続いています。

 

さて、夏休み中は、みちくさハウス特別企画として『カレー作りとご飯会』を

8月5日と8月8日に行いました。

今回は8月5日の活動報告です。

 

8月5日は上智大学SVNの皆さんも参加してくださり、とても賑やかな1日になりました。

いつもより早めに集まり、カレー作りの説明を行い、早速畑に野菜の収穫に出発!

   

 

そして、いよいよ各班に分かれて調理スタート!

大人のサポートを受けながらお米を優しく研ぐ子。

カレー作りに大張り切りだった子は、大学生のお姉さんに教わりながらピーラーを使って人参の皮むきに挑戦!

高学年の子は包丁も使えますよ!お手伝いで慣れているのかな?

玉ねぎだってトマトだってキュウリだってなんのその!

 

アク(悪)との戦いは人間が勝利しました!

そしていよいよカレールウ投入!いい匂いが部屋いっぱいに広がります。

 

そして、待ちに待ったカレーが完成!

自分たちの手で作ったカレーをみんなで食べれば

「おいしい!」と満面の笑顔が広がります。

 

この日は、埼玉からボランティアで陸前高田を訪れたグループの皆さんと

そのお子さんも急遽ご飯会に参加。

初めて会う人たちとも、ご飯を一緒に食べればすっかり打ち解けられるから不思議ですね!

 

「カレー、どうだった?」と聞くと、

両腕を使って大きなマルを見せてくれる子も。

言葉がなくても、それだけでカレーがおいしかったことが

充分伝わってきますね。

 

カレーを食べた後は、大学生のお兄さん、お姉さんが見守る中で、

子どもたちも思い思いに過ごします。

この日はあいにくの雨だったけれど、

縁側から、しとしと降る雨にじいっと見入る女の子の後ろ姿を見ていると、

雨の日にも、雨の日なりの過ごし方があることに気づかされました。

そして、そんな女の子を静かに見守るお姉さんの眼差しも、とっても穏やか。

いつも賑やかなみちくさハウスですが、この日縁側では、ゆったりとした時間が流れていました。

 

別のコーナーでは、夏休みの宿題に取り組む小学生たちの姿も。

現役大学生にマンツーマンで見てもらえれば、宿題も捗りますね!

 

「ほら、集中集中!」なんて励ましの声も聞こえてきます。

 

大学生が企画した工作遊びも好評でした!

 

一方、こちらでは、夏らしく、怪談話や都市伝説など、

背筋がひんやりするような話をして盛り上がっている高学年グループの姿も。

「これ、ホントにあった話らしいんだけど・・・」

 

そんな高学年グループを尻目に、レゴに興じる子もいたりと、

年代や好きなこと、やりたいことによって、みちくさハウスの過ごし方は十人十色。

 

そして、あっという間に今日も「さようなら」の時間。

楽しい時間は本当に早く過ぎてしまいますね!

子どもも大人も、なんでもないような特別なような、日常のような非日常のような、

でもとにかく楽しい、そんな夏の午後を、みちくさハウスで過ごすことができました。

 

この日の活動にご参加いただいた上智大・SVNの皆さん、

ご飯作りにご協力いただいた保護者さん、

どうもありがとうございました!


ページトップ