お知らせ
  • サポステだより【10月のご報告】
  • 9/22 秋を満喫!お月見団子づくりにチャレンジ☆
11/22ボールであそぼ。のご報告(後半)

こんにちは!パクト子ども支援担当のふるやんです。

あっという間に12月になり、今年も残すところ

あと少しになりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、11月22日に陸前高田市内のスポーツ施設で行われた、

子ども向けのイベント、『ボールであそぼ。in 陸前高田』のご報告の後半です。

IMG_4881

 

会場入り口には、このイベントを象徴する、

風船でできた手作りのアーチが、今回も作られ、

会場に到着した子どもたちは目を輝かせながら、一目散に

そのアーチをくぐっていきます。

TTTvol8-9_0278

 

会場の中には、ストラックアウト、的あて、大玉ころがし、

空気砲、風船入れ、フットサルコートなど、

子どもが楽しんで遊べる遊びが盛りだくさん!

TTTvol8-9_0404 TTTvol8-9_0435

TTTvol8-9_0370 IMG_4867

 

この日は、普段『みちくさルーム』に参加している、

矢作地区と、小友地区の子どもたちもイベントに参加し、

大学生のボランティアや、会場のスタッフの皆さんと一緒に、

体を動かし、触れ合い、名前を呼び合って笑い合う場面がたくさん見られました。

 

各ブースでは、楽しい仮装をしたボランティアのお兄さん、お姉さんが

子どもたちと一緒に遊んでいました。

TTTvol8-9_0669 TTTvol8-9_0619

今回、新たに加わった「空気砲」ゲームは、

穴の空いた段ボール箱の側面を手で叩いて、空気の振動で、

いくつ風船を動かすことができるかを競うもの。

IMG_4928

文字にすると、とても地味な遊びですが、

子どもたちは、箱を叩くと白い煙(ドライアイスの水蒸気)が湧き出すのが面白かったようで、

飽きずに何度もチャレンジしていました!

IMG_4924 IMG_4933

 

『ふれあい広場』では、昔遊びのベーゴマや、

トランプ、お絵かきをして楽しみ子どもたちと、その様子を

笑顔で見守る保護者の方々がほのぼのと過ごす様子が見られました。

TTTvol8-9_0460

前回に引き続き、スタンプラリーで各ブースを回って、

スタンプを集めて、スタンプカードに秘められた暗号を解くと、

「ひみつのへや」に入ることができます。

IMG_4870

各ブースを制覇し、カードの暗号を解いた子どもは、

いよいよ「ひみつのへや」へ・・・!

 

「ひみつのへや」には、午前中ボランティアさんが総出で準備した、

数え切れないほどの、色とりどりの風船が敷き詰められています。

IMG_2188 IMG_4978

その風船の数に圧倒され、おもわず、

「こんなのが夢だったの!!」と喜ぶ女の子。

その笑顔を見ていると、ただそれだけで、このイベントを開催する

意義があったなぁ、としみじみ。

IMG_4953

 

そんなスタッフを尻目に、子どもたちは、小さな鈴の入った風船を探すのに夢中。

床をスライディングしたり、風船を蹴り上げたり、揺らしたりして、

音の鳴る風船を探します。

IMG_4955 TTTvol8-9_0531

音のなる風船を見つけ、景品をもらった後も、

子どもたちは飽きずに会場内を走り回り、

会場内には子どもたちの歓声や笑い声が響きます。

IMG_4848 IMG_4825

震災後、こんなに子どもたちが思い切り遊べる場が

どれくらいあっただろうか、と思い返すと、

こういった、「のびのび遊べる」体験の場を作っていくことは、

ここ陸前高田では、これからも必要とされているのではないかと思います。

 

あっと言う間に時間が過ぎ、

イベントの最後を締めくくる、恒例の「全員参加の鬼ごっこ」タイムです。

TTTvol8-9_0680

今回は、3人くらいの大人が「しっぽ」をつけて会場内を逃げ回り、

子どもたちが、そのしっぽを取る、「しっぽ取り」のゲーム。

 

ゲームが開始されると、会場内の子どもが一気に走り出し、

しっぽをつけた大人を追い掛け回して、

もみくちゃになりながらしっぽを奪い取り、

結果はものの5分で子どもたちの圧勝!

TTTvol8-9_0685 TTTvol8-9_0690

最後の記念撮影では、一人一人の笑顔が、

イベントの成功を物語っているようでした。

 

これまで、普段は東京で暮らされている TTTの皆さんが主催する、

『ボールであそぼ。』のイベントに3回ご一緒させていただき、

東北から遠く離れた場所から、被災地で成長していく

子どもたちに想いを寄せ、その想いを、

「子どもと共に楽しむイベント」という形にして、

子どもたちに色鮮やかな思い出をプレゼントしてくださったことに、

感謝の気持ちでいっぱいです。

TTTvol8-9_0261

 

この日のイベントにご協力いただいた、

岩手大学のボランティアサークル・もりもり⭐︎岩手の皆さん、

上智大学のボランティアサークル・SVNの皆さん、

大学混合のボランティアチームの皆さん、

当日飛び入りでご参加いただいた3名のボランティアさん、

そしてThrough The Tunnelの皆さん、

本当にありがとうございました!

 

東北各地で日々進んでいる、復興のトンネルの先に見えるものが、

子どもたちの輝く笑顔と明るい未来でありますよう。

TTTvol8-9_0408  IMG_4878

 

陸前高田で活動する私たちも、これからも

私たちにできることを着実に積み重ねることで、

陸前高田の復興の一助になることを願っています。

 

これからも、皆さまの温かなご協力をよろしくお願いいたします。

 


ページトップ