お知らせ
  • 【子ども支援新事業開始のお知らせ】
11月子ども支援NW会議と「チャイルドファシリテーション」研修開催のご報告

こんにちは。パクト子ども支援担当スタッフのりっちゃんです。

 

最近、めっきり寒くなりましたね。先月、東京では54年ぶりに雪が降ったとニュース番組で見ました。

また、北海道でも例年より早めに雪が降ったりと、今年はいつもより寒くなりそうですね。
皆様も体調にはお気をつけてお過ごしください。

 

さて、今回は11月17日(木)の子ども支援ネットワーク会議とその後に行った研修についてご報告いたします。

 

会議では通常の活動報告の共有に加え、子ども・子育ての現状について意見を交換しました。

最初の意見は、「せっかく良い活動を行っているのに、移動手段がないから参加できないのはとてももったいない」と言う声がありました。陸前高田市内ではバスや電車での移動が限られているため、保護者さんの送り迎えがないと参加したくても参加できない子もいます。九州の方では、子どものタクシーサービスがあり、子ども支援・子育て支援団体とも連携し、子どもを必要な場所まで送ってくれるそうです。活動を行っていく中で、より子どもたちが参加しやすい仕組みを考えるのも必要だと感じました。

 

また、会議の中では、中高生の居場所についても話があがりました。震災前、中高生は放課後や休日に図書館やショッピングセンター等で過ごしていたようです。

震災後は中高生の居場所が限られていて、学校や部活が居場所のほとんどを占めているようです。普段の生活の中で窮屈な思い、辛い思いをしている子もいます。普段の学校や家庭の生活以外でも居場所があると、中高生も、よりのびのびと過ごしたり、活動の幅を広げることができるのではないかと思いました。

 

 

会議後は、あしなが育英会さんの協力の元、「チャイルド-ファシリテーション」研修を開催しました。「チャイルド-ファシリテーション」の研修では、震災を体験した子どもたち、大切なものを失った子どもたちに大人がどう寄り添えるかを学びました。

img_2819
今回の研修には、市内で活動している団体の方、子育て支援センターの職員、市の職員など様々な立場の方が参加しました。
「はじめまして」の方もたくさんいましたので、まずは自己紹介から。バナナの人形は、「持っている人がお話できる番」としての合図です。
img_2822 img_2824

 

その後はアイスブレークとして、ビンゴを遊びました。普通のビンゴとは違い、ビンゴカードは数字ではなく、「らくだに乗った事がある」、「コーヒーを毎日飲む」、「口笛が吹けない」などのフレーズが書いてありました。そのフレーズに当てはまるを人をビンゴになるまで探すという遊びでした。自然と知らない人と簡単にコミュニケーションができ、笑い声も交えつつ、楽しい時間になりました。

img_2825

 

 

緊張もほぐれた所で、先生から「喪失体験をした子どもとのかかわり方」の講義がはじまりました。喪失体験とは何かやどんな影響があるのかについて学びました。講義を聞きながら、一人一人考える事・感じる事が様々なため、学んだ事を無理に当てはめるのではなくケースバイケースで支える方を考えるのが大事だと改めて思いました。

img_2828

その後は、実際にどう子どもと関わるか、「ファシリテーション」について学びました。英語では、「Fasilitate」は手だすけする、やりやすくするという意味です。子どもと関わる時も、その子の代わりではなく、その子ができるように手助けしたり、やりやすくしてあげるようにします。

 

2人1組になって「ファシリテーション」のロールプレイを行ってみました。
まずは、ボールを使って、相手と同じ力加減で返す事を実践してみました。相手が力づよくボールを投げてきたら、返す側も同じく、力づよく返します。もし相手が、そーっと転がしたら、返す時もそーっと返しました。

img_2829

次は、相手の動作を真似しました。相手の表情を見ながら、同じように笑顔で踊ったり、考え込みながらストレッチをしたり等。

img_2831 img_2833
相手とのエネルギーを合わせる。相手が話をした事を受けとめる。それによって、相手の表現を手助けし、話をしやすい環境にします。

 

今回の研修では、講義を聞くだけでなく、実際に子どもと関わることを想定したロールプレイもあり、学びやすい形でした。参加者からも、「コミュニケーションの取り方や関わり方で大変勉強になった」、「現場でさっそく使います」などの感想がありました。

 

子どもたちが安心して暮らせるように、今後も地域で子どもを見守れるような環境であるためにも、子どもに関する事を学び続けたいと思いました。

 

 

最後に、研修を実施していただいたあしなが育英会さん、陸前高田で大切な学びの機会をいただき、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


ページトップ