12月のサポートステーション活動報告

~こんにちは サポートステーションです~

 

先月ボランティアの皆さんにお手伝いいただいて、災害公営住宅に設置した大きなクリスマスツリーが、多くの住民を和ませていました。集会場前に立つクリスマスツリーは、転居したばかりで不安を抱えた新住民にとって、住民同士がふれあうきっかけにもなったとのことです。

 

米国カリフォルニアで起きた大規模山火事で、陸前高田のために活動していた だいたボランティアさんのお宅が被災しました。震災直後から幾度となく当地に来ては、持ち前のパワーで活動していただいた人です。本人は無事とのことですが、心配したボランティア仲間が次々に励ましの声を上げていました。募金を募ったり、横断幕を作って激励してくれた仲間もいて、絆の強さを感じました。本人は、今週もサポステのフェイスブックに「いいね」をしてくれました。早く元の生活に戻れることを願ってやみません。

 

 

 

《 12月のサポートステーションのおもな活動をご報告します  》

 

 

【12月も岩手県内をはじめ、福井県・富山県・大阪府・愛知県・静岡県・山梨県・神奈川県・東京都・埼玉県等、全国各地から133名のボランティアの皆様が、陸前高田市民のために活動してくださいました。】

 

 

 大掃除のお手伝いを2件行いました。全盲の御夫婦宅と、ひとり暮らしのおばあさん宅で、ともに窓拭きを中心にお手伝いしました。依頼者さんだけではできないところをボランティアの皆さんにお掃除していただき、依頼者さんたちもとても感謝していました。また、方言でお話をするおばあさんと、一生懸命理解しょうとするボランティアさんの姿に思わず笑ってしまったスタッフです。ボランティアさんと接することで、気持ち的にも明るくなった様子の依頼者さん。私たちもとても温かな気持ちになりました。

 また、引き続き、高齢の御夫婦宅周辺にある竹林の整備も行いました。なかなか手が行き届いていないのが竹林整備です。「危なくないところだけでいいから」と、心配してくれる御主人でしたが、きれいになっている竹林に、とても喜んでいました。

   

 

 

12月9日(土)から、米崎町沼田地区において、遺留品探しをスタートしました。気仙川河口と古川沼の合流付近の土砂を掬って仮置きしてある場所を、関係機関と連絡を取り合って、活動をはじめる事となりました。

 残念ながら、今回の活動では手がかりとなるものは見つかりませんでしたが、ボランティアの皆さんの中には、遠方から駆けつけていただいている人も少なくなく、少しでも行方不明者の方々の手掛かりとなるものが見つかるようにとの強い想いで、一生懸命活動して下さいました。今後一人でも多くの方に大切なものがお返しできるよう、今も家族の帰りを待つ方々にとっての心の拠り所となれるよう、できる限り活動を継続していきたいと思います。

 土砂は大量にあり、何年もかかるのではと心配されていますが、古川沼と同様に、ボランティアの皆様のお力を借りて、試行錯誤しながら地道に活動していければと思います。なお、活動は原則第2・第4土曜日に行う予定です。

    

 

 

地元の「高田松原を守る会」さんの活動のサポートも行いました。

 来年・再来年にも行われる防潮堤への松苗の植栽に向けて、苗木を守るための防風竹柵を作る活動を中心にお手伝いをしました。

【   竹を適正サイズに竹を切る・割る →  四辺を滑らかに削る →  竹柵を編みこむ  】

という一連の工程を状況に応じて行いました。

 今月も県内外から駆けつけたボランティアの皆さんが、数十年後には市民の憩いの場として高田松原が復活することを願いながら、地元の方々と一緒に活動して下さいました。海岸線に並び立つ松原の再生は、多くの地元住民の希望の光でもあります。長期を見据えた活動に、全国各地から温かい応援を頂きありがとうございます。

    

 

 

できる範囲で、農業や漁業のお手伝いも行っています。12月は、ホタテ養殖漁師さんの手伝いでホタテ掃除等をしたり、りんご農家さんでの名産の「米崎りんご」収穫の手伝いや苗木を移植する際の穴掘りを行いました。今年は台風により、りんごが一部落ちてしまう被害も出ましたが、12月上旬から中旬までには、例年通りの美味しいりんごの収穫を無事終えていました。陸前高田市の基幹産業でもある一次産業が復興し、再び軌道に乗ることで、今後も受け継がれていけるよう、ボランティアの皆様のご理解を頂きながら活動していただいています。

    

 

 

大地震・台風・豪雨等による災害によって避難生活を余儀なくされている皆様が、一日も早く平穏な日常を取り戻しますことをお祈り申し上げます。真冬の厳しい寒さの中、全国各地で復旧・復興のために、日々活動を続けて下さる多くのボランティアさんも、どうかご安全に活動をお願い致します。

 

今年も当地に思いをお寄せくださったり、サポートステーションで活動いただき、多くのご支援本当にありがとうございました。おかげさまで、大きな事故やトラブルもなく、年内の活動を終えることができました。なお、年明けの活動は1月6日(土)からとなります。来年も宜しくお願い致します。今冬は、厳しい寒さが続くようです。皆様、体調管理には十分お気をつけていただき、どうぞ良いお年をお迎えください。1月も、皆様にお会いできますことを、スタッフ一同楽しみにしております。


ページトップ