お知らせ
  • サポステだより【10月のご報告】
  • 9/22 秋を満喫!お月見団子づくりにチャレンジ☆
元気いっぱい春休み!『春の楽習会』ご報告

こんにちは!パクト子ども支援担当のふるやんです。

 

陸前高田にも春の兆しが感じられるようになり、暖かい日が続いています。
陸前高田市内の子どもたちは、昨日始業式を迎え、
新しい学年での学校生活をスタートさせたようです。

 

さて、学校の春休み期間の3月22日から25日まで、
小友町と広田町において、小学生の子どもたちを対象に実施した、
宿題・自習のサポートと遊びのプログラム、

みちくさルーム特別企画・『楽習会』のご報告です。

IMG_1309

この『楽習会』は、日本赤十字北海道看護大学・災害beatS研究会の皆様が、
2011年の夏から継続して実施してこられ、今年の春で第9回目の実施となりました。

IMG_1311

 

今回の活動では、2011年度初回の『楽習会』に参加し、
現在では看護師として働いていらっしゃる卒業生も3名、
遠く北海道から陸前高田の子どもたちに会いに来てくださいました!

 

 

4日間の活動中は、宿題・自習の時間、遊びの時間でメリハリをつけ、
子どもたちの宿題のサポートをしたり、一緒に体を動かしたりと、
毎日子どもたちとめいっぱい遊び、学びました。

IMG_1406 IMG_0519

今回も、聴診器や血圧計などを使う、看護学生の強みを生かした遊びや、
思い切り走り回ることのできる鬼ごっこなどの外遊び、室内では的当てゲームや、
算数ダーツ、風船遊び、恒例の「大根抜き」ゲームなど、
子どもたちを飽きさせない企画が盛りだくさんでした。

IMG_1213 IMG_1325 IMG_0512 IMG_0441

 

小友町では、23日に、同じ会場内の別室で、
大学生ボランティアによる劇の公演があったので、
みんなで一緒に劇を観に行ったり、
広田町では、同日23日に、災害beatS 研究会の取組みを
取材に来られたテレビ局のカメラが入ったりと、
学生の皆さんは毎日大忙しでしたが、
子どもたちも、3年目を迎えるこの『楽習会』の活動を
楽しみに参加してくれたようです。

IMG_1234 IMG_0435

また、今回は、普段広田町の『みちくさルーム』に参加してくださっている、
上智大・SVNの皆さんの活動日とも重なり、それぞれの日中の活動終了後に、
学生同士の交流会も開くことができ、学生たちの活発な意見が交わされました。

IMG_0499

 

今年4月から中学生になる子どもたちも参加してくれ、
「中学生になったら部活は◯◯部に入るんだ〜」など、
大学生に中学校生活への抱負を話してくれたり、
学生ボランティアから、『楽習会』オリジナルの卒業証を渡したりと、
子どもたちの成長を、3年間の活動を通じて見守ってくださった
災害beatS研究会の皆さまと、これまで毎回の活動に参加してくれ、
今度から中学生になる
子どもたちとの節目の回にもなりました。

 

活動の最終日には、参加してくれた女の子の1人から、
朝顔の種や、ブレスレットが同封された、心のこもったお手紙をもらい、
参加する子どもの『楽習会』や学生ボランティアへの想い、優しさが伝わってきました。

IMG_1305

次回からはまた、新一年生が『楽習会』に参加し、
新たな関係を学生の皆さんと築いていってほしいなぁと思います。

 

日本赤十字北海道看護大学・災害beatS研究会の皆さま、
毎回の活動を支えてくださる引率の先生方、
今回も、陸前高田の子どもたちに、たくさんの思い出をプレゼントしてくださり、
ありがとうございます!


ページトップ