お知らせ
  • サポステだより【10月のご報告】
  • 9/22 秋を満喫!お月見団子づくりにチャレンジ☆
わくわくいっぱい!春の楽習会

こんにちは!パクト子ども支援担当のふるやんです。

陸前高田は春の陽気が続いたり、雨が降って急に冷え込んだりと、

気まぐれなお天気が続いています。

 

さて、子どもたちの春休み期間、3月22日から25日に

小友町、広田町で実施した、

日本赤十字北海道看護大学・災害beatS研究会の皆様による

休み期間の宿題と遊びのプログラム、『春の楽習会』のご報告です。

IMG_1922 IMG_2019

 

震災後の夏休みから始まり、12回目となる今回の『楽習会』には、

のべ91名の子どもたちに参加してもらえました!

 

 

毎回、活動にあたって、参加される大学生の皆さんが、

色々な企画を考えていただくのですが、

今回は、なんと、北海道からクリオネがやってきました!

IMG_2076

子どもたちも珍しいお客さんの登場に大喜びでした^_^

IMG_1706 IMG_1426

 

また、3日目の活動では、過冷却の原理を利用した実験遊びで

アイスクリームを作り、子どもたちはご満悦の表情でした!

IMG_1776 IMG_1799IMG_1820 IMG_1822

 

4日間を通じ、みんなで一緒に宿題に取り組んだり、

外で思い切り走り回って遊んだりと、

子どもたちの笑顔が溢れ、たくさんの思い出ができました。

IMG_1833 IMG_1678 IMG_2094 IMG_2097

 

震災から4年が経過しましたが、

活動に参加する子どもたちの楽しげな表情を見ていると、

まだまだこのような活動は必要とされているように感じます。

IMG_2034 IMG_1933

 

活動に参加した学生ボランティアの皆さんからは、

「活動に複数回参加することで、陸前高田の風景の変化や、子どもたちの成長が見られた」

という、子どもたちとの継続したつながりを感じる意見や、

「子どもたちに元気をもらえた。活動の後半では、子どもたちに何が返せるかを考えていた」

という、子どもと学生相互の関わりを感じる意見などが出され、

継続した活動の意義を改めて実感しました。

IMG_1388 IMG_1506

 

5年目を迎えた現在、震災の風化が進む中で、

私たちにできることは、わずかなことではありますが、

これからも、一人でも多くの子どもたちの、

子どもらしい笑顔を見られるよう、

今年度も活動を継続してまいりたいと思います。

 

IMG_1532

今回も北海道から陸前高田を訪れ、

子どもたちのために奔走してくださった、

日本赤十字北海道看護大学・災害beatS研究会の皆様、

どうもありがとうございました!


ページトップ