お知らせ
  • 9/22 秋を満喫!お月見団子づくりにチャレンジ☆
【サポステだより 9月号】

こんにちは!
サポートステーションです。

日に日に秋が感じられる今日このごろ、みなさんお元気でお過ごしですか?
サポステの周辺では稲刈りの最盛期を迎え、あちらこちらで稲刈り機の音が響いています。
りんごや梨も色づいてきており、「実りの秋」を感じさせてくれています。

 

《9月の活動をご紹介します》

 

◯市内の中学校から職場体験の生徒さんが2名来てくれました。
事前に送られてきた資料には「この仕事をしていて良かったことは?」「この仕事を始めたきっかけは?」等々、様々な質問事項がありました。学校行事としての職場体験ではありますが、ただ参加するのではなく様々なことを考え、学ぼうとする姿勢が感じられ、「今の中学生はすごいなぁ」と感心しました。実際に職場に来てからの二日間も、元気よくハキハキ挨拶できて、笑顔がとっても可愛くて、お仕事に対してもまっすぐで、本当に本当に素敵な二人でした。こんな生徒さんたちが高田にいてくれると未来が明るく感じられ、私たちも嬉しくなりました。
    

 

 

◯仮設住宅等の除草のお手伝いをしました。仮設住宅にお住いの方が徐々に減って来たり、若い世代は土日もお留守のお宅が多いそうで、なかなか環境整備が進まないようです。近所に保育園があるところではヘビが出たりして不安を抱えていた自治会長さんからのご依頼で、草取りのお手伝いをしました。住民さんも子どもたちも元気に安心して暮らせるようにと、ボランティアさんが丁寧に草取りをしてくださったので、自治会長さんもホッとした様子でした。
 

 

 

 

◯被災されたお宅の片付けも継続しています。ゴミの運び出しや分別が必要なため、かなり時間がかかりそうですが、依頼者さんと気持ちに寄り添い、少しずつ進めていきたいと思います。
 

 

◯その他、遺留品捜索やお買い物の補助も継続しています。9月もたくさんのボランティアさんが活動に参加してくださいました。ありがとうございました。
次の台風が過ぎたら、また一段と秋が深まることでしょうね。
心地よい秋の風を感じられる良い季節ですので、多くの方々に陸前高田へ足を運んでいただけると嬉しいです!

 

 

 

※今年は台風の影響が多いようです。災害は、どこで、いつ起きるかわかりません。自分は大丈夫という思い込みが、命取りになることもあります。東日本大震災だけでなく、多くの災害を経験して来た日本だからこそ、これ以上大切な命が奪われることのないよう、辛い想いをする人がないよう、しっかりと備えをしておきましょう。

 

 


ページトップ